【参考】オリジナルのポジティブ理論

皆さんこんにちは、思い返せば人生で悩んだことがほとんどないkeythanです(^^)/

「人間は迷いながら成長する生き物だ」という言葉を聞いたことはありませんか?最近だとYouTubeの広告でもこんな感じのものが流れてきますよね!皆さんはこれに関してどう感じますか?僕的にはあまりそうは感じないんですよね笑 今回は完全な僕なりの考え方でネガティブからポジティブに物事を考えられる方法を紹介してみたいと思います! 完全に素人の僕の持論なので賛否両論はあるかと思いますがお付き合いください!」(^^♪

   

 

 

ネガティブ思考から脱却したい方

    

寝ても覚めてもずっと同じことが頭にある」というのは案外ストレスがかかるものです。人がマイナスな考え方に陥るまでにはある程度の法則があると僕は思っています。考え込むからマイナスになるというわけではなく想定しすぎてしまうからマイナスになってしまうのではないでしょうか?ここからはネガティブから簡単に脱却できる方法を順番に紹介していきたいと思います(^^)

迷いと悩み

 

  • 迷い⇒やるかやらないか考えること
  • 悩み⇒やってうまくいかなかったことを考える

これが僕の考え方です!例えば「明日買い物行こうかな。」これは迷い、「明日買い物行って欲しいのがなかったらどうしよう。」これは悩みです。

 

迷いのメカニズム

 

迷いというのは行動したい気持ちが大きい時に出てくるものだと思っています。はなからお金も欲しいものも何もないのに買い物行こうかなとはなりませんよね?なので迷っているのなら少なからず行動に起こしたい気持ちの表れなので何でもすぐに動いてみましょう!新しいことにチャレンジするのも今やっていることをやめるのも行動に起こしたいから迷っているわけです。

悩みのメカニズム

 

悩みは一度失敗したことからくる恐怖感によって発生するものです。例は「高校でサッカー部のレギュラーになれなかったから社会人チームに入るの悩むなあ」みたいな感じですね。新しい環境や状況に飛び込むときに過去を紐づけてしまいがちなわけです。後悔や失敗例からくるパターンが多いですね。

 

ポジティブになる考え方 

 

     ポジティブ, 思った, 役に立つ, 信頼, 良好な, 利点, 良い, 手, 指

ここからはそんな悩みや迷いがあって変化が怖い方必見のポジティブになる考え方を紹介します(^^)

まずは後悔を捨てる

 

昔英会話に時間を割いたのに全く上達せずに時間とお金を無駄にした経験があるとしましょう。「もったいない、あんなことしなければよかった」そう思うかもしれません。でももしその時間に何もすることがなくて別の趣味に手を出し、もっとお金が無くなっていたとしたらどうでしょう?もしあの日に英会話でなくなんとなくコンビニに向かっていたら交通事故にあっていたかも?ってことは全く上達こそしなかったけど今、生活ができているだけ救われていると思いませんか。つまりは失敗や後悔をしながらたどり着いた今の状態がベストなわけです。

ポジティブが生み出す大きな力

 

先ほども話した通り様々な経験や選択をしていきついた今が大正解なわけです。つまりは何かを始める、始めない挑戦する、しないどのみち正解なわけです!そう考えると迷っている時間や考えている時間はもったいなくないですか??

「迷ったらやる!」これはそうは思わないです。やる、やらないに正解なんてないのですから(^^♪ だたここで覚えておいていただきたいのが選択肢は正解しかないということです。

    生活, スピリチュアル, 呼吸, 海, 世界, コラナ, それが振動します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は一瞬でできる考え方の替え方を紹介いたしました(^^♪何か悩み事や迷っていることがある方は行動に起こす前にこの考え方を思い出してから動いてみてください!この記事を参考にするかしないかも両方正解ですけどね(^_-)-☆この記事が参考になった方はこちらもクリックしてみてくださいね(^^)/

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村